MENU

海鮮トマト鍋の作り方

 今朝、めざましテレビでトマト鍋特集を放送していたので朝から「晩御飯はトマト鍋♪」と決めてました。

トマト鍋の具は何でもいいようで玉ねぎ、じゃが芋、キャベツ、ウインナーなどポトフに入れるような材料が合うようでした。普通のお鍋の材料、豆腐、白滝
といった食材もOKで、冷蔵庫の中身と相談しながら、その時々の気分で決めればいいようです(まぁ、鍋ってそういうものですね)

今回我が家はブイヤベース風の海鮮トマト鍋を作ってみました。トマトの栄養価のひとつのリコピン酸は熱に強くお鍋にしても栄養価は損なわれないそうです。また、油で炒めると吸収が良くなるらしいです。

※〆のおじやはパスタでもご飯でも!めざましテレビでは煮込んでもお米が崩れないので玄米をおすすめしていました。

(じやにするにはスープが少なかった 汗)

 

所要時間:30分(アサリの塩抜きの時間を除く)

トマト鍋海鮮風の材料(4人分)
トマト水煮缶詰...1/2(200g) 玉ねぎ...1/2個 ニンニク...1片

キャベツ...200g、ブロッコリー...1/2株、シメジ...1/2株、鱈...2切れ、

アサリ...150g 固形スープのもと...1個、塩、胡椒...適量、里芋...4個

オリーブオイル...大匙1 海老...4尾 水...400cc

 

レシピ

1、アサリは塩抜きをしておく。玉ねぎ、ニンニクはみじん切り、キャベツはザク切り、シメジは石づきをとって食べやすいように房を分けておく。鱈は軽く塩を振っておく。里芋は皮をむき1cm、位の厚さにきっておく。
2、土鍋にオリーブオイルを入れてニンニク、玉ねぎを炒め玉ねぎが透き通ったら、トマトの水煮をつぶしたものをいためる。
3、水400ccと固形スープを鍋に入れキャベツと里芋を加えて10分くらい煮る。煮込んでいる間にブロッコリーを食べやすい大きさに切り電子レンジに2分かける。海老の殻をむき背ワタをとる。
4、塩、胡椒で味を整え、鱈、海老、シメジ、ブロッコリー、アサリを加えて4分くらい煮込む。

スポンサード リンク