MENU

ソイ(メバル属)の煮付け


 ソイはメバルの仲間。白身の魚で刺身や煮つけにすると美味しい。

正式名称はクロソイで、スイなどとも呼ばれています。

 瀬戸内で育った私はメバルの代わりになるソイは好きな魚です。(ちなみに岩手ではメバルは手に入りません。)

 大き目のソイが100円で売られていました。100円は破格。10倍の値段がついてもおかしくないはずです。しかも刺身でもいけそうな鮮度でした。

 魚の煮つけを美味しくするコツは内臓を取り出したら腹の部分をよく洗うこと。臭みのない美味しい煮付けに仕上がります。

 味の決め手は本みりん。みりん風調味料を使っている方は本みりんに変えてみて。ワンランク上の美味しさになりますよ。

所要時間:15分


ソイの煮付けの材料
クロソイ...2尾、

A(水...100cc、みりん...50cc、酒50cc、醤油...60cc)


レシピ

1、ソイのうろこを取り、内臓とえらを取り除く。(キッチンバサミを使うと効率がいいです)しょうがは皮をむいて薄切りにしておく。
2、腹の中を流水できれいに洗う。
3、鍋にAの材料を煮立たせて薄切りにした生姜をいれ、下ごしらえをしたソイを加える。
4、落し蓋をして8分くらい中火で煮る。落し蓋を取り、煮汁を魚にかけて全体に照りを出して仕上げる。針生姜を添えて盛り付ける。

スポンサード リンク